デオラボの頭臭対策シャンプーについて

デオラボの頭臭対策シャンプーについて

 

特に臭いやベタつきを改善したいという方にオススメなのが「デオラボ 頭臭対策シャンプー」という製品です。

 

 

フケがでたり毛先がパサパサしていたり、臭いやベタつきも気になるという方は少なくありません。
それらの悩み改善効果があって頭皮の健康促進にもなるシャンプーですよ。

 

 

【頭皮が臭う原因について】
なぜ頭皮は臭ってしまうのでしょうか?
それは「皮脂」と「雑菌」が原因です。
汗をかくと皮脂も分泌されますが、毛穴などに詰まってしまうのです。
詰まった皮脂は細菌やバクテリアの繁殖の原因になります。
細菌やバクテリアをゼロにすることは不可能です。
通常の状態でも髪には無数のバクテリアがついているものなので、増殖を予防することが大事です。
また頭皮に皮脂やフケが残っていると酸化していきますので臭いが強くなっていきます。
かゆみや湿疹などのお肌トラブルの原因にもなります。
皮脂や汚れが詰まっていることで髪の毛の成長も阻害されますし、最悪の場合健康な髪が抜けてしまうこともあります。
しかし市販の多くのシャンプーでは中々改善されません。
なぜなら「界面活性剤」が含まれており、頭皮にダメージを与えてしまうからです。
頭皮にダメージが加わると、体は頭皮を守ろうとして皮脂を多く分泌してしまうのです。
シャンプーだけでなくコンディショナーにも問題があります。
それはコンディショナーに含まれている「シリコン」です。
シリコンは髪の毛の保護コーティングをする一方で、頭皮についてしまうと毛穴の詰まりの原因にもなるのです。

シリコンの影響で慢性的な皮脂詰まりになってしまうケースもあります。

 

有効成分が豊富に配合されたデオラボのシャンプーでしっかりと頭皮と髪を洗うことで、大きな対策となりますよ。
まずは丁寧にしっかり洗って雑菌やバクテリアの繁殖を抑えましょう。
・トウセンカエキスやフユボダイジュエキス
雑菌の繁殖を抑えてくれますのでニオイ改善に繋がります。
・17種類の植物エキス
頭皮の健康促進と雑菌の繁殖抑制に効果を発揮します。
・トレハロース
頭皮を保湿してくれます。
・甘草成分のグリチルリチン酸2K
頭皮の健康が促進されます。
美容保湿成分としてコラーゲンやポリオクタニウムも配合されていますので、頭皮ケアもできます。

 

デオラボ 頭臭対策シャンプーの気になるお値段ですが、400mlで3,780円です。
400mlあればだいたい2カ月は使えるでしょう。
初回購入者限定で全額返金保証付きです。
これは商品にかなりの自信があるからこその制度ですよ。
ホームページから簡単に注文できますので、頭臭対策を実践してみませんか?

 

加齢臭の原因について

加齢臭の原因について

 

加齢臭という存在は知っているけれども、なぜ発生するのかをご存知無い方も多いですよね。

 

皮脂が加齢臭になるのではとイメージする方も多いですが、皮脂が原因になっているわけではありません。
そもそも皮脂自体は決して臭いがあるわけではありません。
皮脂と言うのは毛穴の内側にある皮脂腺から分泌されます。
お肌の保湿力を保護するために皮脂が分泌されるのです。
20代後半ごろから皮脂が過剰に分泌されるようになっていきます。
過剰分泌された皮脂がノネナールというものに変化して、加齢臭となるのです。

 

皮脂の中にも幾つか種類があるのですが、ノネナールになるものとならないものがあります。

 

例えば皮脂の1つであるヘキサデセン酸が殺菌によって分解されたり、酸化するとノネナールへと変わってしまいます。
ω-7不飽和脂肪酸という物質も分解されるとノネナールへと変化してしまいます。
バルミトレイン酸というのはわゆる脂汚れのことで、食事からとった脂が酸化・分解されて発生します。

 

けれども30代の加齢臭というのは他に原因があります。
30代の加齢臭の大きな原因となっているのはペラルコン酸です。
これは直鎖飽和脂肪酸の一種で、かなり強いニオイになるものです。
例えばお茶やホップや柑橘、トウモロコシなどに含まれています。
ぺラルゴン酸が殺菌・酸化分解されて30代の加齢臭の原因となるのだそうです。

 

ではノネナールやぺラルゴン酸の解消にはどうすればいいのでしょうか?
重要なポイントになるのは「殺菌」です。
ノネナールやぺラルゴン酸が殺菌分解されてしまうのを防ぐことで、加齢臭は予防できます。
またノネナールやぺラルゴン酸の酸化予防も大事になってきます。
殺菌・抗菌作用がある成分に注目したり、酸化予防のためにこまめに皮脂を拭きとったり、ノネナールやぺラルゴン酸を吸収する成分に着目することで加齢臭を予防できるのです。

 

加齢臭の原因について

 

加齢臭という存在は知っているけれども、なぜ発生するのかをご存知無い方も多いですよね。

 

皮脂が加齢臭になるのではとイメージする方も多いですが、皮脂が原因になっているわけではありません。
そもそも皮脂自体は決して臭いがあるわけではありません。
皮脂と言うのは毛穴の内側にある皮脂腺から分泌されます。
お肌の保湿力を保護するために皮脂が分泌されるのです。
20代後半ごろから皮脂が過剰に分泌されるようになっていきます。
過剰分泌された皮脂がノネナールというものに変化して、加齢臭となるのです。

 

皮脂の中にも幾つか種類があるのですが、ノネナールになるものとならないものがあります。

 

例えば皮脂の1つであるヘキサデセン酸が殺菌によって分解されたり、酸化するとノネナールへと変わってしまいます。
ω-7不飽和脂肪酸という物質も分解されるとノネナールへと変化してしまいます。
バルミトレイン酸というのはわゆる脂汚れのことで、食事からとった脂が酸化・分解されて発生します。

 

けれども30代の加齢臭というのは他に原因があります。
30代の加齢臭の大きな原因となっているのはペラルコン酸です。
これは直鎖飽和脂肪酸の一種で、かなり強いニオイになるものです。
例えばお茶やホップや柑橘、トウモロコシなどに含まれています。
ぺラルゴン酸が殺菌・酸化分解されて30代の加齢臭の原因となるのだそうです。

 

ではノネナールやぺラルゴン酸の解消にはどうすればいいのでしょうか?
重要なポイントになるのは「殺菌」です。
ノネナールやぺラルゴン酸が殺菌分解されてしまうのを防ぐことで、加齢臭は予防できます。
またノネナールやぺラルゴン酸の酸化予防も大事になってきます。
殺菌・抗菌作用がある成分に注目したり、酸化予防のためにこまめに皮脂を拭きとったり、ノネナールやぺラルゴン酸を吸収する成分に着目することで加齢臭を予防できるのです。

 

加齢臭はどの部位で特に強く臭うのか?

 

加齢臭は自分も気になりますし、周囲の人にも分かるニオイなので、周囲も不快に感じるものです。
古い脂のようなニオイや、ろうそくのようなニオイが職場ですると、嫌な気分になりますよね。
加齢臭は今や中高年男性だけでなく若い女性にも起こりうるものになっています。

 

では加齢臭はどの部位で特に強く臭うのか?
耳の裏を触ってニオイを確認するという方も多いですが、耳の裏よりも強く臭う箇所があるので、加齢臭対策をしましょう。

 

加齢臭の臭いが強い箇所は頭や耳の裏だと答える方も多いですが、実際に特に強く臭うのは「背中」なのです。
背中はノーマークだったという方も多いと思います。

 

加齢臭の直接的な原因であるノネナールという物質が、特に胸元や背中で大量に発生するのです。
そもそも胸元や背中は汗をかきやすい部位で、皮脂も分泌されやすい箇所なのです。

 

衣服についたニオイなどを調べてみると、胸元や背中部分が特に強く臭うということが分かります。

 

頭や耳の裏は確かに臭いますよね。
しかしこの頭や耳の裏で感じられるニオイは、ミドル臭という汗のニオイだと言われています。

 

もともと無臭なはずの汗ですが、胸元や背中で排出された皮脂、またはもともといた細菌が皮脂を組み合わさって、独特のニオイとなるのです。

 

名前が違うように、ミドル臭と加齢臭は異なるニオイです。
ミドル臭も古くなった脂のように感じられますが、ミドル主の原因になる「ジアセチル」という成分が頭のてっぺんの方や後頭部などで増加することで、ミドル臭がするようになります。
加齢臭の原因はノネナールという物質で、ミドル臭の原因はジアセチル、という点も大きな違いですね。

 

しかしながらどちらにせよ気になるニオイですし厄介であること間違いなしなので、食生活や生活習慣を見直していき、改善に努めることでニオイの軽減を実現させることができます。
またストレスも上手に発散していきながら加齢臭対策を進めていきましょう。
あわせてよむのがおすすめ⇒頭皮 加齢臭